スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
はらこ飯。
たまには旬のものというか、そんな感じのものを。
秋らしく鮭。
安くておいしくて捨てるとこがない万能選手なイメージなんですが、
とくに今の時期は安いわ、脂のっててうまいわで言うことなしです。

で、はらこ飯。

はらこ飯

東北の郷土料理なのか知らないんですが、よその土地ではこういうスタイルのやつには
お目にかかったことないです。
少なくとも私の知る限りの話ですが。

はらこ飯セットなんて売ってたりするんですよw

生のはらこ(醤油漬けとかにしてない卵巣そのままのやつ)が手に入ったら、
ぜひ購入して自家製イクラを作ってみてください。
食感とかぜんぜん違います。味つけも自分の好みにできるし。
基本は醤油、酒、塩って感じですが、うちはみりんも少し入れて若干甘めに仕上げてます。
生のはらこのほぐしかたとかは検索すればいっぱい出てきますんで、ここではグダグダ書きません。

でもちょっとだけw
はらこのほぐし方でよくぬるま湯でほぐすとかあるんです。でもうちは手がやっと入れられるくらいの熱めのお湯でほぐしてます。そのほうがきれいに早くできるように思うんです。漁協のおばちゃんもそう言ってましたw
ただ、やっぱり熱いのでグズグズしてるとよくないです。求められるのは気合いです。気合いでグリグリほぐします。
あと、流水で洗うときは手短に。のんびりしてると真水で白く濁っちゃいます。

で、鮭のほうですが、生鮭です。
切り身を1cm弱くらいにそぎ切りして一口サイズに切っておきます。
ちょっと厚めのお刺身くらいでしょうか。
塩を軽くしてもいいかもですが、私はしてません。
今回はふた切れ分です。

ちなみにオスで半身800円、1本で1500円で売ってました。身はオスのほうがうまいですよ!

味はお好みですが、水1/2カップ弱(80ccくらい)、醤油大さじ2~3、みりん大さじ2~3で鮭を炊きます。
(だいぶあっさり目です)
やっと火が通るくらいでいいです。
あんまり煮るとパサパサになっちゃいます。
鮭の身を取り出して、煮汁は冷ましておきます。

研いで水を切ったお米に先ほどの煮汁を加えて通常の水加減より若干少なめに炊きます。
個人的に味のついたごはんがべちゃべちゃしてるのが嫌いだからなので、このへんは自由です。
フリーダムな水加減で。
煮汁だけだと足りないので、水を加えてください。
味が薄いかな?と思ったらここで醤油とみりんを足します。
(今回は足してません)
炊きあがったら、先ほど取り出した切り身を入れて10分くらい蒸らします。
火は通っているのでしなくてもいいんですが、たいがい冷めているのでw

盛り付けのときに再度切り身を取り出して(ゴハンに混ぜ込みたいときは少し残して)
さっくり混ぜて、茶碗なりドンブリなりによそって、切り身を乗せイクラをババーンと盛りつけます。
真ん中を少しあけて、切り身を花びらみたいに盛り付けて、あいた真ん中にイクラをのせると見栄えがよいです。
鮭の皮か骨は取り除いておくといいですよ。もちろん付いたままでもOKです。

だいぶ順番がおかしいですが、ごはんは2合分の分量です。

切り身もイクラもまだまだ大量に残ってるので、
しばらくは鮭三昧な生活です。






スポンサーサイト
[2009/10/27 12:26 ] | 日本人なら魚を食え | コメント(6) | トラックバック(0)
アクアブログ的にはあるまじき鮮魚コーナー開始のお知らせ。
魚は魚でも食うほうです。

アクア系のリンクとか検索で来られた方にはごめんなさいとしか言いようがないんですが、
魚、おいしいですから食べましょう。体にもいいですし。

で、アイナメです。
旬は今時分から夏にかけてくらいでしょうか。
あんまり流通してないですね。活〆で鮮度のいいものはけっこういい値段がしたりします。

銚子近郊(飯岡とか外川)とかで冬の釣りものとしても有名です。
けっこうごっついのが釣れたり、数出たりするときがあるので、

「どっかで売れねーかなー」

などとかいかがわしい考えが頭をよぎったりします。
ほんとにたまにですが伊勢海老が釣れたりしますしw
そんなときは狂喜乱舞になります。

東京湾のブラクリ釣りも有名なんですが、ここのところちょっと不漁みたいです。
絶対数が少なくなってるんでしょうかね。
なんにせよ悲しい話です。

アイナメたん。

鮮度のいいやつはお刺身をお勧めします。
上品に脂があってほんのり甘くておいしいです。
とくに皮ぎしにうまみがつまってるように思うので、皮つきで湯引きとか炙りでいただくのもよいです。
煮ても焼いてもあげてもうまい魚でアラからは上品な出汁がとれるので汁物もいけます。

で、ババーンと姿造りに。

もりもり

普通の薄造りと湯引きしたもの。
あとは別な魚ですw
スズキとサッタロウなんですが、これはまたの機会にでも。
[2009/05/21 12:09 ] | 日本人なら魚を食え | コメント(5) | トラックバック(0)
不定期更新 カレイシリーズ 番外編
すっかり何のブログかわからなくなってきましたが、
昨日、久しぶりに水槽の写真を撮ったんですよ。
カードリーダーが見当たらないのでこのざまなわけです。

不定期更新と言いつつ三連発だし、まー、不定期には違いないわけなんですが、
カレイシリーズと銘打ちながらヒラメなわけです。

左ヒラメの右カレイの通り、目があるほうを表にすると頭が左を向きます。

ソゲですな、これは。

3月の頭くらいに購入しました。激安です。人には言えない値段です(汗
ちっこいですね、俗に言う「ソゲ」ってやつです。こいつは1キロないくらいです。
旬は寒ビラメなんて言うくらいで冬ですね。
刺身で食うには2キロくらいのやつが最高なんて言われたりしますが、
ソゲサイズは冬から春にかけて秋口ぐらいまでのものでもおいしいような気がします。

養殖ものはその例に寄らないかもなんですが、「猫またぎ」何て言いまして、夏のヒラメはおいしくないです。水っぽいは脂はまったくないわで、そりゃー猫もまたぐだろうと。

こいつは活〆になってる天然ものです。
養殖ものは裏側を見るとすぐわかります。
体のふちのあたりが表側と同じように茶色くなってるんです。

天然ものは裏が真っ白ですよ。

ほかの白身魚と同じように寝かせたほうが旨みがでておいしいです。
最低でも半日以上は寝かせたほうがうまいです。
さばきたてはコリコリして食感はいいのですが、旨みが足りません。
悪く言えばゴムを食べてると言うかそんな感じですw

おつくりと縁側。

これまたひどい写真でですが…。
白身とは言え、脂がのってると身の色が飴色っぽくなります。
同じ白身のタイやなんかと比べると旨み、特に甘み的なものが総じて上品なので、わさび醤油とかでいただくと身の味が負けてしまいます。
ポン酢しょうゆでお好みで薬味(あさつき、もみじおろしやなんか)で食すのがお勧めです。

残ったあらは炊いて煮こごりなんかすると美味です。
[2009/05/07 17:35 ] | 日本人なら魚を食え | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。