スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ラージパールグラス。
実を言うと最近まであんまり好きな水草ではなかったのですが・・・(笑

こんな姿を見てしまうと。

ガン見していますよ。

マクラータがガン見しています。
気泡に映る自分の姿でも見ているんでしょうか?
ってそんなわけもなくこのあと華麗にスルーしていました。

育成も容易で特に気を使うようなこともないですし、トリミングにも強く、こんもりした茂みを作ってくれます。
下葉が落ちやすいことを除いて、非常に使いやすくて今ではすっかりお気に入りです。

うちではなんとなく脇役的な扱いを受けている水草なので、そのうちメインで使ってみたいな~などと思っていますが、

育成できる≠レイアウトに生かせる

では決してないので、ジレンマです(笑
スポンサーサイト
[2006/12/26 12:51 ] | アクア(ひとまず完) | コメント(11) | トラックバック(0)
毎回ネタを考えるのが大変なのでいつものネタ。
いつものように60cm水槽とかのネタ。

せっかく写真を撮ったので。
どうせ写真撮るなら外行けよ!って話なんですが、

「だって寒い。」

飼育水があたたかく感じる今日この頃の60cm水槽全景。

ネタがないので60で引っ張りまする。

また有茎がモサモサしてきております。液肥ブチュー攻撃が激しく効いているようです。
こちらの水槽では、何故かニードルリーフ・ルドウィジアがいまいち勢いが出ないので、というか徐々に減ってきてるので(汗、引っこ抜いて別な草に変更するかもしれません。(多分、畑産ブレビペス)

WBを蛍光灯とかにしたらこんな青かぶりな写真になってしまいました。
「細かいとこ気にするくせに、肝心なとこは適当」な性格を標準装備しているので、「白い紙とかでWBをきっちり」とか「露出を変えて撮ってみる」とかムリ。

「感性のままに」
もしくは
「前回設定のまま」
がデフォルトです。
こんなこと書くと
「カメラくれよー」とか言われそうなので、やめます(笑


続いて、クリプト先生。

クリプトは順調です~。

順調かつカッコよくなってきました。
でもやっぱり葉っぱは茶色い。
後ろのトロピカにもう少し大きくなってほしい。
そして、なんかもう1種類くらいクリプトを増やしてもいい気がしてきた。
ウィリシーとかネビリーとかのトンガリ系がいいかな。アクセントでポンテデリフォリアとかもいいかも。
両方?(笑


おまけ。
メシネタを支える、ダイニングテーブルからの眺め。

コレを眺めながらメシを食うですよ。

広角パワーで離れてるように見えますが、実はすんごい近い。
そして、無意味に部屋の照明を落としたりしてる(笑
ぼんやり、眺めながらお酒を飲むのが楽しい。

で、タイマーで照明がバチーン!と切れる(笑

そろそろ寝ないとなの合図だったりもする。
[2006/12/21 11:14 ] | アクア(ひとまず完) | コメント(5) | トラックバック(0)
お蔵入り水槽。
実は某コンテストに出そうと思い、こっそりリセットして、こっそり維持してきた水槽があります。

住宅の事情やご家族の意向などで大型水槽を設置、維持できない方もたくさんいらっしゃると思います。
個人的な思いですが、きれいだなー、すごいなー、で終わるだけじゃなく、「これならうちにも置けるかも」って思ってるもらえるサイズではないと現実的じゃないと思うんです。
いろんなコンテストがありますが、水槽のサイズごとにカテゴライズされていない等の不満もあったりするんですけどね(笑
もちろん大きな水槽を否定するわけではありません。
ただ、やっぱりとっかかりとして敷居が高すぎてしまうと、やってみようって思わなくなると思うんです。

一部の特別な人の趣味ではあってほしくないんですよね。
だって、120cm水槽を自宅に置ける人なんてそうはいないと思うんですよ。

えらそうなことをさんざん言っていますが、
いちおうコンテストですし、自分の納得するものを出したかったので、今回の水槽はエントリーをするのをやめました。
なので、ぜんぜんしょぼいレイアウトで、突っ込みどころ満載ですが、記事にしました。

こんな感じになっていました。


題名:無題
水槽サイズ:ミニM 36×22×26(cm)
照明:ソーラーミニ 27W 10時間/日
CO2:サクション側にて強制添加 0.5滴/秒 10時間/日
フィルター:2211+2211サブ サブストラットプロ・レギュラー、エーハイメック
底床:アクアソイル・アマゾニア、ブライトサンド
肥料:イニシャルスティック、ブライティK、グリーン・ブライティSTEP2、その他メネデール、グリーン・ゲイン等
水草:グリーンロタラ、ロタラ・セイロン、ニードルリーフ・ルドウィジア、ラージパールグラス、シペルス、エキノドルス・テネルス・ブロードリーフ、ヘアーグラス、ウィローモス、ミクロソリウム・ウェンデロブ
生体:ボララス・ブリジッタエ、ボララス・マキュラータ、ミナミヌマエビ、オトシンクルス、CRS

反省点は、途中、マットヒーターのみのため水温が22度程度しかない時期があったので、右側に植栽したグリーン・ロタラがトリミング後ぜんぜん新芽を出さない時期があって、構図が崩れてしまった(本当は三角構図)。本当はもっと水面近くまで伸びてくれる予定だった。
ウィローモスのトリミングをさぼりすぎてモサモサになってしまった。
化粧砂にソイルがこぼれてきて化粧どころじゃなくなった。

うまくいった点は、植栽した種類は多かったけど、思ったよりずっと自然感が出たような気がする。
ニードルリーフ・ルドウィジアが真っ赤になった。照明時間が大きい気がする。

いちおうこんな感じです。

感想なんかをコメントしてくれたらうれしいです。

このレイアウトは年末にばらしてリセットする予定です。
次は作成の段階から記事に出来たらなーなんて思っています。
[2006/12/17 17:59 ] | アクア(ひとまず完) | コメント(6) | トラックバック(0)
温まります。
急に寒くなってまいりました。
時を同じくして仕事もバタバタと忙しくしております。

今年も残すところあと少しなわけですが、時節柄飲む機会が多く、酒好きとしては堂々とお酒を飲める月間的な位置づけでもあったりするわけです。

飲みすぎなのか、単に体調がよろしくないのか、飲んだ次の日は
「もう、しばらく酒はいい・・・。」
状態になることが最近は多いんですが、その日の夕方には
「今度はいつ飲みにいこっかなー。」
な感じになっている学ばない人です。

とは言うものの、毎日外で飲んだくれているわけではなく、
ちゃんとゴハンを作って食べています。
そのときもちょっと飲んでたりするんですが(笑

これは温まりません。切干大根。
大量に戻して大量に作成。
副菜にしたり、お酒のアテにしたり。

キリボシダイコーン。



これは温まります。豚汁。

トンジルー。

他のおかずはいらない感じです(笑
年齢とともにこういうゴハンが特においしいと感じるようになりました。
今日は湯豆腐にしようかな。
[2006/12/15 10:55 ] | ごはんのこととか | コメント(5) | トラックバック(0)
巨大化の予感。
計画性無し、コンセプト無し、ポリシーも無しな勢いだけのリメイクから4週間経過した60cm水槽。
凝りもせずにクリプトを追加したわけなんですが、導入当初に水上葉が多少溶けた程度で、思いもよらない色の葉を展開し、思いもよらない大きさになりつつあります。

こっちもモサモサなヨカーン。

手前がウンデュラータ・グリーン、流木の後ろ側がウェンティ・トロピカです。
ディープなグリーンの葉を展開してくれることを期待して、植栽したウンデュラータでしたが、

思いっきり茶色い葉を・・・。
これだからクリプトは・・・。
(ってこういうのもちょっと楽しい。)

ウェンティ・トロピカにグリーンの葉は100%期待出来ないので、
ここはまっ茶っ茶なゾーンに決まりです。
その代わりにボッコボコの葉をモサモサさせてくれることを期待することにします。


たまには違う角度から。

ちょっと斜めから撮ってみた。それにしてもネタがない。

ただただモサモサしてるだけ。
やっぱり定番な組み合わせって大事な気がします。
クリプトに有茎にグリーンネオンは誰がどう考えてもおかしな組み合わせじゃないかと思いますし。
色々やってみないと分かんないことも多いですし、とりあえず好きなようにやってみるのが1番かな~とも思います。
自分が楽しいのが1番ですから(笑
[2006/12/11 12:11 ] | アクア(ひとまず完) | コメント(7) | トラックバック(0)
クリプトのお話。
うちの水槽の主であるクリプトコリネについてのコメントが多いような気がするので、ちょっと記事にしてみます。
写真はあんまりキレイに撮れていませんが、水面から見た様子はこんな感じになっています。

ペッチーペッチーペッチーペッチーばっかですよ。

植栽してから6ヶ月くらい経っています。
(ちなみに植栽直後はこんな感じ)
ずいぶんとごっつくなりましたね。
ちなみに2ポット分(7~8株くらい植栽した記憶があります。)です。

学名は Cryptocoryne beckettii var. petchii なので、ベケッティの亜種扱いのようです。
ってウンデュラータはベケッティのシノニムなんてことも聞いたことあるんで、なんだかワケがわかんないですね。
んまー、カッコよければなんでもいいんですけど(笑

ペッチーってそんなに大きくならないっていうのが今までの印象だったので植栽したのですが、思いのほか大きく育ってしまいました。
トロピカのポットなので系統維持はされていると思うんで、大きくなったのはうちの環境のせいかと思われます。
考えられる要因は
・厚めな底床(アマゾニア)
・遅効性の肥料を山盛り仕込んでいる+追肥までしている
・それなりな光量
・CO2バリバリ添加
ってとこでしょうか?
エキノにしてもクリプトにしても底床に仕込む肥料は強烈に効く印象があります。
あとヘアーグラスとグロッソ。
って全部、最初のレイアウトで使ってた草ですね(笑

本種の育成は容易だと思います。
特に気を使うこともないですし、夏場の高水温な時期も溶けることなく乗り切ってくれましたし。
溶けようがイジケようがガマンして動かさないことが一番かと思います(笑

長いスパンで楽しめる水草ですし、環境によっていろんな草姿を見せてくれたり、果ては溶けたりするので、そんな日々に一喜一憂できて非常におすすめです。
でも60規格水槽だと心中覚悟な感じはします(笑
[2006/12/06 16:45 ] | アクア(ひとまず完) | コメント(8) | トラックバック(0)
60cm水槽のトリミングその他をしました。
やっつけ仕事なリメイクから3週間経過して、1発目のトリミングをしました。
最初なので、ばっさりと行きたいところでしたが、あんまり短く刈り込んでしまうとクリプトの葉の影になってしまうので・・・。
影になるかならないかのギリギリのあたりでばっさりとカットしました。

ちょーやっつけ仕事。


植栽の密度を上げたい箇所があったので、少し差し戻しの作業もしました。

右側の後景はちょっとイメージじゃなかったので、畑から拝借したマクランドラ・グリーンを植栽し、これまた畑から拝借したナンセアンと元々あったナンセアンを引っこ抜いて頂芽部分だけにカットしたものを植栽しなおしました。
ロタラ・ワリッキーは畑へお帰りいただきました。

追加したクリプトも順調に新芽を出し始めました。
この水槽の主であるペッチーに関しては、もうありえなくらい子株を出しまくり始めました。
目に見える部分だけで7~8株確認できます(汗

景観(ってほどのもんじゃないですが)を乱すことは間違いないのですが、成り行きに任せるのもいいかな~って感じです。

全体的に色彩が単調でぼやけた印象になってる気がしてしょうがないので、濃い緑の草を追加したいんですが、何かいい案はないでしょうか?
考えているのは

流木にモスを巻く
流木、もしくは流木の近辺にボルビ、ミクロ等の陰性活着系を放り込む。
上2パターンの複合技

こんな感じです。

リセットしちゃえば?ってのはナシでお願いします(笑


[2006/12/04 12:18 ] | アクア(ひとまず完) | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。